【Nintendo Switch】有線接続の回線速度と目安|20Mbpsにするための方法(有線アダプターとLANケーブルを使おう)

回線速度と目安

【最終更新日:2020/3/27】

 

こんにちは。管理人のオタコンです。

 

「Switchのネット回線が遅い」
「Switchを無線(Wi-Fi)接続しているんだけど、ラグが気になる」
「回線速度の目安ってどれくらいなの?」

 

今日はそんな悩みや疑問に答えます。

 

まず「通信速度の遅さ」については「有線接続」への切り替えをおすすめします。

 

有線LANアダプター」と「LANケーブル」を使って、直接ルーターにつないでください。詳しくは以下の記事で解説しています。

 

▼Switchを有線接続する方法

【Nintendo Switch】無線より速い「有線」がおすすめ/有線LANアダプターが必要です | おたこん!

otacon.net

 

LANケーブルによる有線接続は、圧倒的に安定性が高く、回線速度が速いのでおすすめです。ラグが気になる人は一度有線接続を試してみてください。

 

Switch本体に「LANケーブルを挿し込む口(LANポート)」は無いので、「USB端子をLANに変換するケーブル(有線LANアダプター)」を使って有線接続します。

 

▼おすすめのLANアダプター

 

有線LANアダプター」と「LANケーブル」を使えば、Switchを直接ルーターにつなぐことができるので、回線速度をアップできます。

 

▼おすすめのLANケーブル

 

無線(Wi-Fi)のときと違って、有線接続は電波干渉の影響が少ないので回線速度の遅れ(ラグ)が軽減されます。ぜひ使ってみてください。

 

さて次に「回線速度の目安」についてですが、一般的に考えて「10Mbps~20Mbps」ぐらいがベターと考えます。

 

「10Mbps」未満の数値なら「遅い」と考えて良いですし、30Mbps以上あれば「速い」ほうってことになりますかね。

 

Switchの回線速度が遅い原因はいくつか考えられるので、まずはその原因を特定するところから始めましょう。原因を特定してあとは地道に解決していきます。そうすれば、確実にSwitchは速くなりますよ。

 

原因と解決方法について「Switchの回線速度を速くする方法」の記事にまとめてあるので、こちらを試してみてください。10個以上例を挙げてみたので、どれか当たると思います。

 

▼Switchを速くする方法まとめ

【Nintendo Switch】通信速度が遅い原因と改善方法を紹介する | おたこん!

otacon.net

 

▼Switch高速化計画シリーズ

 

スポンサーリンク

【Nintendo Switch】有線接続の回線速度と目安

 

有線接続するとラグが減ります

 

 

どうしても事情が無い限り、Switchは有線接続したほうが良いです。

 

無線とかWi-Fiって、要は「電波」ですからね。弱くなったり、強くなったりするので、不安定です。便利なんですが、そういうデメリットがあります無線接続には。

 

その点、有線LAN接続なら「物理的」にインターネット回線に接続することになるので、安定性と言う意味では抜群!

 

影響を全く受けないわけではないですが、無線より圧倒的に安定します。LAN接続だと電波干渉を受ける可能性がかなり低いですね。

 

なので、事情が無い限り無線接続はやめて有線接続を普段使いにするのがいいと思います。ラグも少なくて快適です。

 

▼おすすめのLANケーブル

 

回線速度の目安

 

 

Switchをインターネット回線に接続したときの、速さの「目安」は公式では発表されていません。

 

まあ、人それぞれ感じかたが違いますからね。

 

ただ一般的な「目安」としては「10Mbps~20Mbps」くらいが普通と言えるでしょう。Switchの回線速度もこれくらいあったら、ラグの問題はまず発生しないと思います。

 

ブログとかニュースサイトを読むくらいなら、正直2Mbpsくらいでも問題ないんですが、Switchのリアルタイムな通信、レスポンスを考えるとやっぱり「10Mbps~20Mbps」くらいは欲しいところかなあ、と思いますね。

 

Switchの回線速度(目安)

 

  • 10Mbps未満…遅い
  • 10Mbps~20Mbps…普通
  • 20Mbps~…速い
  • 30Mbps~…高速

 

回線速度の調べ方

 

 

Switchの回線速度は、Switchの設定画面から調べることができます。

 

「HOME>>設定>>インターネット>>接続テスト」の順位画面を進めます。

 

計測が終わると「通信速度(ダウンロード)」「通信速度(アップロード)」の部分に、数値が表示されています。これが回線速度です。

 

上に書いた通り、ここに表示されている数値が「10Mbps」以上、「20Mbps」に近い数値だと「普通」ってことですね。

 

注意して欲しいのは単位で、「Mbps」なら問題ないのですが「Kbps」だと超遅い数値なので気を付けてください。ゴミです。

 

速さは「PING値」が大事

 

 

Switchの回線速度を考えるときに、僕は「PING値」も重要だと思っています。

 

通信速度(ダウンロード/アップロード)が通信の「量」だとすると、PING値は通信の「質」ですね。

 

通信速度(ダウンロード/アップロード)も大事なんですが、PING値が悪いとレスポンスも悪くなるので、結局ラグは直りません。

 

Switch側でPING値を測ることができないので、PCやスマホを使ってPING値も一緒に調べておくといいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • Switchの回線速度を上げるには「有線接続」が良い。
  • Switchは「有線LANアダプター」を使えばLAN接続できる。
  • 回線速度の目安は「10Mbps~20Mbps」くらい。

 

▼おすすめのLANアダプター

 

▼おすすめのLANケーブル

 

▼Switch高速化計画シリーズ(ラグで困ってる人向け)